HE23S H20年式ラパン4WDですが ドライブシャフトが抜けかかります。

ラパン修理などについて。

 

HE23S H20年式ラパン4WDですが ドライブシャフトが抜けかかります。なぜかフロントの右側のドライブシャフトがトランスファーから抜けかかります。

 

そのせいでプロペラへ左右の動力が伝わらず 4WD走行になりません。

 

シャフトの付け根のリングも変えてみましたがダメです。
抜けかかりはジャッキアップの状態でポンチ等で叩くと入ります。
入ると通常の4WD走行になります。
ですが、しばらくするとまたシャフトが抜けかかってきます。
長さにして1.5cmくらい抜けかかります。

 

 

修復歴はないと思いますが、正直わかりません。
見た感じではフレーム修正した箇所はなく、インサイドパネルやフロアー等も触った形跡はありません。
見た目ですが、ロアアームの曲がりも無くジョイント部ガタ、ナックル、ハブベアリング、ショック等問題はなさそうですが、、
間違いなく大丈夫とは言い切れません。

 

 

考えられる原因はなんでしょうか?まさかトランスファー側のリングの受け?側に問題なんて事あるのでしょうか?

 

構造で考えるとロアアームが怪しいかなと思いますが、目で見えない曲がりや確認出来ないガタがあってもこういう現象になった方いますか?

 

 

宜しくお願い致します。補足すいません補足します。

 

ご指摘の通り あやしいと思われるドライブシャフト本体はリビルトですがASSY交換済みです。
が抜けかかります。

 

そして今 思い出しましたが交換の際にベアリングの球らしき物が落ちていました。
サイズにして5mm程でしたが、目視でトランスファー側、シャフトともになんら問題が無かったので気にしてませんでしたが、
(以前の作業等で出た物かと思い。。。)

 

今にして思えばこのラパンの物かも知れません。トランスファー側シール部もしくは中にベアリングなんてありましたっけ??

 

ベストアンサー

聞いたこと無い症状だな
ロアボールのガタで抜けた車両は2台見てるけど・・・
考えられるのはスナップリング(Cリング)のヘタリだけど
>シャフトの付け根のリング・・・
換えてるんだよね?付け根が先端って事なら間違いは無いと思うけど

 

あとは、他車からの流用とかだけど・・・
こればかりは見ても判らないです(外して並べると判ると思うけど)
デフのサイドピニオンのシャフト部分の不具合は前例も知らない
見込み修理でシャフト交換?かなぁ・・現車みないと難しい問題ですね

 

補足
5mmか・・・中途半端な大きさだな
ドライブシャフトのトリポートベアリングでも
その中のベアリングの大きさでも無いし
リビルト交換ならブーツの中だから落ちて来ない
デフ側にも、そんなボールは使って無いし
可能性としてCリングのスプライン部のロックボールかな?
産業機械だと結構ロッキングボールを使ってるけど
クルマだと使ってるとか在ったかなぁ
5mmの大きさからすると手ごろなんだけど
お力に為れずに申し訳ないです

 

PS
HE22Sの修理書だとシャフトが2種類ある
トリポートとダブルオフセット・・・これが悪さするのかは不明です

 

以上、ヤフー知恵袋 一部引用 でした。

 

ラパン修理に関する良い質問・回答だと思います。


私もラパンの修理に悩まされた1人なので、
質問者様の気持ちに共感します。


また、回答者様のアドバイスは
非常に分かりやすく丁寧だと思います。



もしも・・・
あなたが車買い替えを考えているなら・・・


今あなたが乗っている車の
買取価格 相場をチェックしておきましょう。

 

ラパン 買取り査定価格 相場表

2017年5月
ラパン 買取り価格 相場表 を作成しました。
安く買い叩かれないよう、チェックしておきましょう。


>>ラパン 買取り価格 相場表(全グレード)

 

2017年版 車買取り価格相場表

 

国産車 下取り・買取 相場表外国車 下取り・買取 相場表